3倍配当では断然有利な攻略法、ココモ法の破壊力とは如何に?

オンラインカジノで稼ぐためには、様々な攻略法を駆使し、
少ない損失で大きな利益を心掛けることが大切です。

そのためには利益確定や損切ラインの設定、
ゲーム展開に応じた掛け金の調節がカジノで勝つためのキーポイントです。

今回は、実践的な攻略法、ココモ法についてご紹介します。


・ココモ法ってなに?

ココモ法は、
ゲームに連敗したときに使える攻略法で、
前回の2つの数字を足した額が次回の掛け金となる、というのが基本的なやり方です。

「1,1,2,3,」

というように掛け金を変化させることから、
マーチンゲールの改良版とも呼ばれています。

また、賭け額の順番はフィボナッチ数列と全く同じです。

これを呼び方だけ変えたという説もあります。
ココモ法は3倍配当のゲームでのみ使える攻略法です。

そのため、オンラインカジノではルーレットなどの3倍配当で使えます。

・マーチンゲールと比較

マーチンゲールとココモ法は、共通点があります。

それは、ゲームに負けたときに掛け金を増やすことです。

この2点の違いは、賭け額の増やし方です。

マーチンゲールは、

「1,2,4,8,」

と負けたら勝つまで掛け金を倍にしていきます。

この方法は、掛け金は急激に増えるが、一度勝てば損失がチャラになるといった特徴があります。

一方、ココモ法は、「1,1,2,3」という増やし方をします。

この方法は、
使えるゲームが限られてくるものの
マーチンゲールよりは損失が少なく済むという特徴があります。

また、3倍配当で使うと、負けるほど大きな利益が期待できます。

・ココモ法の素晴らしさ

ココモ法はとてもシンプルなやり方となり、
連敗した時前回、前々回の数字を足した額がベット額になるため、
これを勝つまでひたすら繰り返すことになります。

1ドル賭け(負け)1ドル賭け(負け)2ドル賭け(負け)3ドル賭け(負け)5ドル賭け(負け)8ドル賭け(勝ち)利益は+4ドル。

勝つまでの累計損失12ドル。

このように、
ココモ法は少ない掛け金で大きく利益を得ることができます。

これがマーチンゲールの場合

1ドル賭け(負け)2ドル賭け(負け)4ドル賭け(負け)8ドル賭け(負け)16ドル賭け(負け)32ドル賭け(勝ち)

利益は+2ドル。

勝つまでの累計損失31ドルというように利益が最初の掛け金程度にしかならないわりに、勝つまでの損失はココモ法の倍以上となっています。

このことから、
3倍配当が設定されているゲームでは、ココモ法が断然有利という形になります

また、ココモ法は連敗しても掛け金の増え方が緩やかなため、損失が少ないといった利点もあります。

マーチンゲールで1ドルからベットして10連敗すると、合計1023ドル失うことになります。

これは、ゲームに負けるごとに掛け金を2倍にすることが影響しています。

マーチンゲールは勝つまで実行すると、
テーブルリミットという掛け金の上限に達することがあります。

その結果、莫大な損失を抱えたまま終了してしまう危険性があります。

一方、ココモ法は10連敗したとしても損失が143ドル程度にとどまります。

ココモ法の場合、掛け金は2つを足して決めることから、
損失も緩やかに増える性質があります。掛け金自体も増え方が緩やかなので、テーブルリミットに達しにくいという特徴があります。

・欠点はあるの?その場合の対策とは

ココモ法は少ない損失で大きな利益が売りの攻略法だが、これにも欠点はあります。

まず、ココモ法が連敗に強いのは10連敗までとされています。その根拠は10連敗後の資金の増え方です。

例)10連敗後の掛け金

89>144>233>377>610>と、
10連敗を超えてから一気に掛け金が数百ドル単位で増えています。

もう少し連敗すると、千ドル単位で増えることがあるのです。

3倍配当は2倍配当よりも連敗が起きやすくなっています。

10連敗以上することもたびたびあるのが3倍配当の怖さと言えるでしょう。

この場合の解決策は、
ベット額を半分にしたり、何コマか見送ってから参入する方法があります。

オンラインカジノのルーレットには最小掛け金が1ドル未満のテーブルも用意されていることがあります。

この場合は0.5ドルから賭けれるので、
まずは0.5ドルからスタートするのが望ましいです。

勝利時の利益は半分になるものの、1ドルスタートより連敗に強く、資金をすべて失うことを回避できることが期待できます

ココモ法をオンラインカジノで使う場合、
ライブカジノでやることをお勧めします。

ライブカジノはディーラーがリアルタイムで回しており、
こちらがお金を賭けなくてもゲームは進行していきます。

その結果、ゲームの成り行きを様子見することができるのです。

ココモ法をルーレットで使う場合、
まず賭ける場所が最後に当たってから何連敗したかカウントします。

何連敗後に賭けるかは自由だが、
目安として3~5連敗程度してから賭け始めるのがお勧めです。

何ゲームか見送ることにより、大型連敗を回避できる場合があります。