オンラインカジノは合法なのか?オンラインカジノに関する法律とは?

日本では現在、カジノを含む賭博行為は、法律で禁止されています。

これは、国内で許可なく賭博施設を開設してお客さんとお金のやり取りを行った場合、罰せられることになります。

オンラインカジノも場合によっては違法となるケースがあるが、
基本的には違法ではないこととなっています。今回はオンラインカジノは違法なのかを検証していきましょう。

・オンラインカジノは違法なのか?

オンラインカジノはイメージ的に怪しかったり、違法性が指摘されることがあります。

違法性について、結論からいうと、違法ではないが合法でもないということです。
そもそも国内ではオンラインカジノに関して現時点で取り締まる法律がない実態があります。

これは、国内での賭博罪は、
主に実店舗などでやった場合に適用されるものであり、オンラインカジノでも国内にサーバーがあると適用されることがあります。

しかしオンラインカジノの多くは
海外のカジノが合法な国で運営されているため、それらは国内からアクセスしても問題ないとされています。

例えば、日本人が海外に出て実店舗のカジノでプレイしても逮捕された方はいませんよね?
オンラインカジノの多くは運営元もサーバーも海外にあるため、実質的には海外のカジノが合法な国でプレイしているという法的解釈ができます。

しかし、方法によっては違法になる場合があります。その判例を見ていきましょう。

・オンラインカジノに関する判例

2016年にはオンラインカジノの運営者が賭博罪で逮捕された事件がありました。

この事件はサイトの運営が問題となっており、
海外で運営されているはずが実質は日本で運営されていたという疑いになっていたことです。

このケースではプレイヤーは逮捕されていないが、
国内ではカジノの運営が禁止されているので、日本でオンラインカジノの運営は違法となります。

同年にはまた同じような事件が起こり、
この時はプレイヤーも逮捕されていました。

この事件は、カジノの運営は海外で許可を取って合法であるにもかかわらず、
サイトの内容が日本人向けだったことから国内で運営している疑いが出てきたと言われています。

この事件では3人が逮捕されていましたが、
1人の行動によりオンラインカジノが違法ではないという証明が完成したと言われています。

この事件では起訴の際、略式起訴という形式が取られていましたが、
2人はそれを受け入れ、1人はそれを拒否していました。

その方が略式起訴を拒否して正式な裁判を起こそうとした結果、
検察側が不起訴処分とし、これでオンラインカジノは海外で合法である場合、国内からプレイしても問題ないという結論になりました。

・疑われないためには?


海外で合法的に運営されているオンラインカジノでも、
日本でははっきりと合法にはなっていない現実があります。

そのため、場合によっては検挙される可能性も否定できないことになっています。

一つ目に、オンラインカジノを安全に楽しむためには、
まずはライセンスを取得しているのか確認することが大切です

オンラインカジノは政府が発行する
ライセンスが営業許可の代わりとなるため、これがないサイトは違法という認識があります。

また、ライセンスがないサイトは個人情報を盗まれたりイカサマなどの不正行為の被害にあったりとする場合があります。

二つ目に、オンラインカジノのことを拡散しないことです。

オンラインカジノで大きく勝ってしまうと、
ついつい周りに自慢したり、SNSで拡散したくなることがあるでしょう。

SNSなどはいろんな方が見ており、
投稿がきっかけで検挙に至ったというケースも多くあります。

オンラインカジノの場合、
拡散させることで賭博罪の疑いを賭けられたり、周囲の嫉妬心から身の危険にさらされる可能性もあります。

3つ目に、公共施設のパソコンなどではプレイしないことです。

特にインターネットカフェなどのパソコンは閲覧履歴などが管理されていることが多く、
何かの理由で調査が入った時、芋ずる式に疑いをかれられる可能性が出てきます。

・今後はどうなるのか?

日本では現在、カジノに関連する法案が整備されつつあります。

現時点では実店舗型のカジノに対する法案が整備されています。

今後はオンラインカジノについても整備がすすめられることでしょう。

オンラインカジノの今後は、
まだはっきりとはわかっていないのが現状です。

海外では、自国のカジノができるとオンラインカジノを違法とするという事例もあります。

逆に自国向けのオンラインカジノが誕生し、合法となるケースもあります。

そのため、今後の法案は注意して確認する必要もあるのです。

・税金の確定申告は忘れずに

オンラインカジノで得た配当金は課税の対象となるため、獲得利益によっては税金を納める必要があります。

一般的に50万円を超えたら課税対象となります。

大きく稼いだにもかかわらず、確定申告を怠ると今度は脱税という罪に問われることになります。

このため、カジノで大きく勝ったら確定申告をすることが大切です。