オンラインカジノの税金について解説!節税方法はあるのか?

オンラインカジノで勝利したときの配当には、「一時所得」という税金がかかります。そのため、オンラインカジノで勝利して利益が出た場合には確定申告が必要になるのです。今回は、オンラインカジノでなぜ確定申告が必要なのか、確定申告をしないとどうなるのかについてご説明します。

ギャンブルと税金

オンラインカジノを始めとしたギャンブルは、時に大当たりが発生し、多額の配当がもらえることがあることでしょう。大当たりしたときに皆さんは税金について意識したことはありますか?

実はギャンブルで勝った時に得た配当については、「一時所得」という税金がかかります。これは、オンラインカジノはもちろん、パチンコや競馬についても同じように課税対象となるのです。

ここで皆さん、このように思ったことはないのでしょうか?

「ギャンブルで税金がかかるの?」

「パチンコで勝っても確定申告はしなくてもよいのでは?」

「オンラインカジノだからばれないでしょ?」

確かに、パチンコや競馬では実際に確定申告をしている人は少ないですし、そもそもこれらのギャンブルに税金がかかることを知らない方もおられるのも事実です。

しかし、先ほどもふれたとおり、ギャンブルには「一時所得」という名目で課税対象となっています。パチンコや競馬に関しても実際は確定申告している人が少ないものの、本当は課税対象になっているのです。

パチンコや競馬で税金の話が少ない理由は、賞金の受け取り方にあります。

ギャンブルの賞金の受け取り方

オンラインカジノでは、ほかのギャンブルと違い、確定申告を怠った場合は高確率で税務調査が入ることがあります。これは、オンラインカジノの場合、賞金を銀行口座より受け取ることが関係しているためです。

税務署は銀行口座を調べている

ここで税務調査についてご説明させて頂きますが、国内では、正しく確定申告をしなかったり怠ったりすると、税務署が銀行口座を調査する場合があります。税務署は、確定申告の内容が間違っていないのかを確認するために不定期で個人の預金口座を調査しているとも言われているのです。

オンラインカジノの場合、インターネット上でやり取りするため、どのような方法を使っても基本的に銀行口座を経由して賞金を受け取る形になります。その結果、履歴が残っているため、税務調査で資金の流れが簡単にわかります

パチンコや競馬での収入がバレない理由は?

ちなみに、パチンコや競馬の場合は基本的に直接現金手渡しという形になっています。パチンコ経験者ならご存じだと思われますが、パチンコの場合は店内のカウンターで特殊景品と交換し、それを隣接する交換所に持っていけば現金と交換できる仕組みになっています。本来であれば課税対象であるものの、現金手渡しの場合は税務署側もお金の流れを把握できない、つまり黙認状態となっているのです。

一時所得の計算方法は?節税するには?

一時所得の計算方法は、所得額を算出してから課税対象額を算出する方法で計算するのが一般的です。

所得額の算出方法は、

1年間の勝利配当-経費-50万円(特別控除)=所得額」という形になります。

ここからさらに課税対象額を算出するには、

所得額×1/2=課税対象額」です。

ここでいう1年間の勝利配当は、1年分のゲームで勝った時の配当ということになります。オンラインカジノの確定申告の場合は基本的に1回ごとのゲームのベット額、勝利時の配当を記録していくことになるのです。

ゲーム毎のベット額や配当額を確認する方法とは?

しかし、オンラインカジノは1年間のプレイ回数が膨大なことも多く、一回ごとの利益やベット額を計算するのは大変なことでしょう。

オンラインカジノのサイトによってはゲーム毎のプレイ履歴を閲覧でき、その中にベット額や配当金が表示されていることもあります。可能であればそれらをコピペして保存する方法も有効です。

オンラインカジノの収入を簡単に計算する方法

ちなみにオンラインカジノは国内ではまだまだ認知度が低いため、簡単な方法としてオンラインカジノから出金した合計額に対し、入金額を引いた額で確定申告をするといった方法もあります。

このように、オンラインカジノの確定申告は方法が曖昧なところがあるため、税務署などに確認し、指示された方法で行うことが大切です。

オンラインカジノの経費とは?

さて、経費については、ゲームに勝った時にベットした金額やオンラインカジノをプレイしたパソコン、スマートフォンの購入費用、通信費用が当てはまります。

しかし、一時所得の経費は雑所得と違い、認められる項目が非常に少ないという現実があります。そのため、オンラインカジノの控除額については、特別控除の50万円を基準として考えるのが一般的です。

オンラインカジノの節税方法とは?

オンラインカジノで節税するためには、基本的に特別控除額を超えないように出金することが大切となります。

例えば、仮にたまたま大勝ちして1年間の儲けが50万円を超えた場合でもカジノサイトにとどめておく方法があります。確定申告では銀行口座の入出金履歴をもとに行うのが一般的であるため、カジノサイト内の金額については税務署もノータッチというのがほとんどです。