オンラインカジノのライセンスとは?必ず所得しないといけない?

オンラインカジノに関することを調べていると、「ライセンス」という言葉を度々目にします。では、このオンラインカジノにおけるライセンスにはどのような意味があるのでしょうか。

合法営業を行っている証です

オンラインカジノはその名前の通り、ネットを通じて遊ぶカジノサイトですが、実際のカジノ店舗と同様に営業に必要なライセンスを取得しています。このライセンスがないオンラインカジノは違法サイトなので、決して利用してはいけません。

カジノ営業が許可されている地域に限ります

オンラインカジノのライセンスはカジノ営業が許可されている国や地域でしか取得できません。そのような場所において、以下のような仕組みがきちんとしているかによって発行されています。

国や地域からの営業許可の取得

カジノ営業が許可されている場所だと言っても、勝手に開業する訳にはいきません。例えると、日本でパチンコ店を開業するのに警察から許可をとるように、オンラインカジノもその国や地域でその管理を行っている機関から営業許可を得る必要があります

設置するゲーム会社との契約

オンラインカジノでプレイできるカジノゲームは、全てきちんとした審査の上でリリースされています。その審査を行っている団体があり、その団体がカジノ営業に使用できると認定したゲーム(ソフトウェア)のみ設置できます。先の国や地域からの許可は、この設置ゲームも含んで判断されます

きちんとした決済方法の確立

オンラインカジノへの入出金には各種の電子ウォレットが利用されますが、この各ウォレット会社とも正式に契約を結んでいます。最近では銀行送金や仮想通貨で入出金ができるカジノも増えてきましたが、入出金に電子ウォレットがある場合には、これも国や地域の許可を得る際の判断材料となります。

日本では運営できません

日本でもカジノ営業を含むIR法案が成立したものの、まだ具体的な規定を作るには至っていません。その為、カジノ営業のライセンスの発行も行っておらず、現在プレイできるオンラインカジノは全て海外にその本拠地(サーバーの設置場所)があります

ネット上ではこのサーバーの設置場所の法令に従うという決まりが適用されることから、オンラインカジノのプレイは日本から行っても合法なのです。

設置できるゲームの基準

オンラインカジノで設置できる各種のビデオゲームには、以下のような特徴があります。

ペイアウト率が100%未満

どれだけ大当たりが期待できる機種でも、トータルのペイアウト率は100%未満です。これが100%以上だとカジノ側に利益が出ないので当たり前のことですが、例えば、イベントで使う為の赤字覚悟のこれが100%以上になっているゲームを作るといったことはできなくなっています。

設定変更機能がない

日本のパチンコ店のスロット台には内部設定というものが存在し、それによってペイアウト率を変えることができるようになっていますが、オンラインカジノに設置している各ゲームにそのような機能はありません。よって、同じゲームであれば、どのカジノでプレイしても同じペイアウト率となっています。

ジャックポット機能のあるスロットマシンでは、そのカジノ内だけでなく、同じ機種を設置している別のオンラインカジノとグループ化している場合があります。そのようなこともペイアウト率が一緒だから可能となっている訳です。

ライブカジノも専用のソフトウェアです

実際のディーラーと対峙して色々なゲームを楽しむライブカジノも、その為の専用のソフトウェアを使用しています。こちらのペイアウト率はディーラーの腕やさじ加減次第といったところですが、その様子をリアルタイム映像で配信したり、勝てばベットに対してきちんと配当が得られたりする仕組みになっています。

同じソフトウェアでブラックジャックやバカラなどの色々なゲームに対応できるので、実績があったり、綺麗な映像で配信できたりするソフトウェアが多くのオンラインサイトで使用されてます。

実質的にEvolution Gamingの一強です

スロットマシンやビデオポーカーなどのカジノゲームには様々な会社が参入していますが、ライブカジノに関してはEvolution Gaming社の一強だと言っていいでしょう。

ほとんどのオンラインカジノでこちらの会社のソフトウェアを使用している為、プレイヤーにとっては別のサイトで遊ぶ時にも感覚が変わらないといった利点があります。

まとめ

オンラインカジノはきちんとその国や地域でカジノ営業のライセンスを取得して営業を行っています。そのようなサイトでのプレイは日本からでも合法行為なので、安心してカジノゲームを楽しんでください。

また、オンラインカジノのビデオゲームは全て“設定”がない(常に一定のペイアウト率)ということも併せて覚えておくといいでしょう。これもライセンスの発行を受ける為の条件だと言うことができます。