オンラインカジノにおけるスロットとは?勝つことは出来るのか?

カジノと聞いて最初に思い浮かべるゲームは何でしょうか?ルーレット?ポーカー?

日本人にとって馴染み深いカジノゲームと言えばスロットではないでしょうか?

そこで、本記事ではオンラインカジノのスロットについて解説します。

スロット概要

スロットと聞くと日本人の皆さんにも馴染み深いと思います。

ただしスロット店にあるようなスロットとは少し違います

いくつか種類はありますが、基本的には大当たりを目指し当選すれば〇回のフリースピンがついてきてそこで勝利を目指すというゲーム性のあるゲームです。

日本のスロットと同じように、たいして出ない時もあれば掛け金の数千倍も獲得金がもらえる時もあります。

いわゆるジャックポットというものです。

仮に1000円かけていれば1000倍の当選で100万円もらえるということも考えられます。

そういう意味では日本のスロットよりも夢はあると思います。

オンラインカジノのスロットの特徴

まず大前提として、長期的に見れば必ずプレイヤーが負けるように設定されています

日本のスロットでいうところの機械割、ペイアウト率が100%を超えているスロットゲームは今のところ確認できていません。

このペイアウト率はスロットゲームの種類やオンラインカジノの運営元によっても変わってくるようです。その全てがペイアウト率100%未満なので長期的なプレイはおすすめしません

やるとするなら、いくらまで賭けるか決めてそれまでに当たらなければヤメ。という感じでルールを作ってプレイしましょう。

日本のスロットで遊戯している方ならご存知かと思いますが、機械割100%以下というスロット台は設定的には1か2。設定1と分かっている台を回し続けないですよね?誰もが設定6を追い求めていい台を探し求めているでしょう。

つまりオンラインカジノのスロットというのは、「設定1しか置いてませんよ」と公言しているスロット店と同義ということです。もちろん設定1のスロットでも勝てることはあるので、やるなとは言いませんが、それで稼ぐとなると話は別で絶対やめたほうがいいです。

オンラインカジノのスロットの特徴その2

2つ目の特徴は掛け金が自分で決められるということです。

これも日本のスロットで例えるなら5スロ・10スロ・20スロなどレートがいくつかありますが、オンラインカジノでは日本円にして1回転5円から~5万円と幅が非常に広いです。

もう一度言いますが1回転5万円です。

日本のスロットで1回転5万円なんて言ったら闇スロットもいいところです。

100回転で1回当たるかどうかというレベルなので5万円かけていたら500万円かかるわけです。

つまり私が言いたいのは掛け金を自分で決める、選べるギャンブルは危険ということです。

負けが込んでいたら一発逆転を狙いたくなることもあるでしょう。

自分はちびちびやるんだと決めていても、ふとした時にとんでもない金額をかけることもあるでしょう。

気分次第で指先一つ、好きなタイミングで掛け金を変えられるのはとても危険とだけお伝えしておきます。

オンラインカジノのスロットの特徴その3

3つ目はプレイの早送りが可能ということです。

機種によっては通常スピードの10数倍、1回転1秒もかからない機種もあります。

つまり一瞬でお金を失うことがあるということです。

さっさと勝負を決めたい人にはいいですが、本来やめるべきタイミングであっても高速回転でやめるタイミングを失ってしまうことが多々あります。

私自身も1万円くらいの残高で1回転40円とかで回していた時、高速回転でものの1分くらいでなくしてしまったことが何回もあります。

本当は半分くらい使ったらやめようと考えていても、ゲームのスピード感から辞め時を見失いがちになってしまいます。

時間に余裕のある人でも通常回転を回すのがだんだん面倒になってくると思うので、これは本当に要注意です。

オンラインカジノのスロットの特徴その4

4つ目の特徴は残高がWEB上にしか存在しないことです。

これは日本のスロット店も同じ手法を取っていると言えますが、現金ではなくメダル(仮想のお金)で遊戯させています

これによりユーザーは仮想の世界でプレイしているような感覚に誘導されているわけです。

オンラインカジノは特にこれが顕著で、残高を認識できるのはWEB上の数字しかありません

これは本当に重要なところで、この数字をぞんざいに扱う人は非常に多いと思います。いくら勝ったとしても現実感が少なく、ここまで勝ったからまだ勝てるはずだとさらにその数字を増やそうとします。しかし無くなる時はあっという間で数字が減っていくのを見つめることしか出来ません

残高がなくなってしまっても現実感がなく、さっきまで10万円あったとしても夢のような感覚で仕方ないかと自分を納得させます。

つまり出金するまでは全く油断は出来なく、少しだけ遊ぶつもりがすぐに熱くなり掛け金を上げ、高速回転を使い、あっという間になくなる仕組みができているのです。

また仮に出金出来たとしても、また勝てると思い入金し同じことを繰り返します。負けるまで、お金がなくなるまで勝負し続け最後に待っているのは破滅です。

これは私の意見で、全ての人に当てはまるわけではないと思いますが、現状マニアックなオンラインカジノに興味があるような方は、かなりのギャンブル狂である可能性が高く、その資質を持っている人が多いと思います。

くれぐれもギャンブルは生活に支障をきたさない程度に、熱くなりすぎないようにプレイすることをおすすめします。