ウィナーズ投資法。利益を確実に出すシステムベッティング

ウィナーズ投資法はカジノゲームの中のシステムベッティングの1つです。

数列を使用することが特徴でモンテカルロ法とよく似ています。

ウィナーズ投資法は戦略内容が、オークションで売買されたこともある程です。

人気がある理由は利益を確実に出すことができるためです

ウィナーズ投資法の利点は10連敗してしまった場合においても、
最初の賭け金を1ドルと仮定すると賭け金は常に2ドルと一定になるため損失額が膨らみません。

システムベッティングとして資金が少額であっても、
取り組みやすいといえるでしょう。

またゲームをリスクを負わないで、
プレイしたいと希望する初心者プレイヤーにも向いています。

テーブルゲームではテーブルリミットという、
1ゲームに賭けることが可能な最高金額が設定されています。

賭け金が急激に増加していくマーチンゲール法のようなシステムベッティングでは、
ゲームの継続がテーブルリミットに達してしまいプレイができなくなってしまうことがあります。

この状態に陥ると損切りを行う必要性があり損失が確定してしまいます。

しかしウィナーズ投資法ではテーブルリミットを気にせずにゲームのプレイが可能で、
極端に賭け金が大きくなることがないため損切りを強制的にさせられる心配がありません。

ウィナーズ投資法は五分五分の際に勝ち負けの結果が出て、
利益が生まれるシステムベッティングです。

殆どの場合において勝率が50パーセントの、
2倍配当のゲームプレイを行えば利益を出すことが可能です。

さらに連敗後の連勝に強いという特徴をウィナーズ投資法は持ち、
利益を勝ち負けのバランスが悪くても出すことが可能です。

損失分を5連敗してもその後3連勝することにより取り戻すことができるため、
ウィナーズ投資法は数学的に考えた場合かなり高い確率で利益の獲得が可能です。

ウィナーズ投資法の注意点として高い利益を狙えないことと連敗すると長期戦になることや、
ベット額が勝ち負けが交互になると大きくなることと紙とペンが必要になるなどです。

ウィナーズ投資法におけるローリスクのメリットは賭け金が緩やかに上昇しますが、
払い戻し金が少ないということも同時に意味します。

ウィナーズ投資法では最終的に得られる利益が、
長くゲームを続けても少ないことを理解しておきましょう。

長期戦を行うことが殆どですがその割りには得られる利益が費やした時間に対して少ないため、
大金を短時間で稼ぎたいというプレイヤーには向きません。

ウィナーズ投資法では数列の数が負けが続くとどんどんと増えていくため、
それらの数列を勝って0にするまでに時間がかかってしまいます。

ゲームが長期化し最終的に数列が0にならないと、
損切りを行う状況が発生することを覚えておきましょう。

ウィナーズ投資法は勝ち負けが交互に続く可能性があり、
2倍配当のゲームで利用するため勝率は50パーセントです

この場合負けの数が度重なる程数列の左端の数字を、
1つずつ削除していくため賭け金が大きくなってしまいます。

交互に勝ちと負けが続く場合セッションがなかなか終わらないことで、
賭け金ばかりが大きくなるということもウィナーズ投資法の注意点として挙げられます。

そして数列が増えたり減ったりを繰り返す状況を、
頭の中で計算を行うことは簡単ではないため必ず紙とペンが必要になります

ウィナーズ投資法を実行するまでの手順は、
モンテカルロ法と同様に数列を使用するため紙とペンを用意します。

まず始める前には任意の賭け金を設定し、資金に合わせて好きな金額を選びます。